鈴中工業株式会社 土木・建築 愛知県名古屋市・蒲郡市の公共施設、商業施設、工場、事務所、病院、ビル、マンション、施設、耐震、道路、舗装、ダム

先輩の声:平手 涼介


平手 涼介(2014年入社)
自分が勉強したいといえば若いうちから任せてもらえる。

 大学では水質の研究をしていましたが、研究よりも実際にものを「つくる」仕事がしたくて、面接で会った人事の方の印象が最も良かった鈴中工業に入社しました。

 初めて担当した現場は飛鳥村の橋脚工事。最初は職人さんと一緒に手を動かし、分からないことは先輩に聞いて仕事を覚えていきました。最近は書類の作成や段取りの仕事も任せられるようになりましたが、まだまだ勉強することばかり。職人さんから「図面と現場が違うけど、どうする?」などと聞かれるたび、すぐにトランシーバーで先輩に確認し、監督としての仕事の引き出しを一つずつ増やしている最中です。

 私が思う鈴中工業の良さは、自分から「これがしたい」と言えば、若くても任せてもらえること。現在担当している高速道路の橋脚工事の現場では、測量計画の立案を担当させてもらいました。実は最近、役所に提出する書類の作成が、監督の仕事の中で大きなウエイトを占めていることに気づき、今後は書類作成をもっと勉強したいと思っています。そして、まずは職人さんから何を質問されても、的確に答えられる監督をめざします。



1DAY SCHEDULE
08:00 ラジオ体操・朝礼 7時過ぎに現場に入って準備し、8時から一日の作業を開始。
10:00 安全指導     現場を巡回しながら、安全に工事が進んでいるかをチェック。
13:00 打合せ      お昼休憩後、午後の打合せ。その後も安全に作業を進めます。
17:00 片付け      本日の作業が終了。明日の作業に備えて現場を整理整頓します。
18:00 内業       安全書類や現場写真の整理、明日の準備など。
19:30 帰宅       ようやく帰宅。ときどき、現場の若手が集まって飲みに行くことも。

これからの鈴中工業を支えるのは私たち。
 土木の仕事に必要なのは、知識よりも「人間」としての魅力。平手君は、怒られてもすぐに気持ちを切り替えて前を向けるタイプ。だから、これからもっと成長するはずです。今後の鈴中工業を支えるのは、私たち若手社員。これからもっと様々な現場で勉強し、数年後には1級土木施工管理技士資格への一発合格を期待しています。
鵜飼 貴之さん(1999年入社)

先輩の声 一覧

平手 涼介(2014年入社)
自分が勉強したいといえば、
若いうちから任せてもらえる。

竹内 厳(2012年入社)
みんなで力を合わせて、
モノづくりをするのが楽しい。
高津 夏姫(2015年入社)
女性が働きやすい環境で、
女性の利点を生かせる職場